約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

今日は元の職場で研修会があったので、今年の6月まで部長がいた部門に立ち寄ってみることにした。
部長が座っていた席は辛党のSさんに占拠されていた。
しかもそのSさん、隣の席のAさんに毎晩ゴリゴリやられて、すっかりドMになってしまっているらしい。
うーむ、これでは部長が元の職場に復帰しても居場所がないぞ。
こんな日のランチは当然カレーである。
そこで今日は久しぶりにヤンキーNさん、サムさん、K崎さん、M浦さんとともに5人で食べに行くことになった。
偶然であるが、元「千葉チーム」である。
向かった先は虎ノ門にある、ご存知「レストランとらのもん」。
辛いカレーと名物マダムで有名な店である。
toranomon0101.jpg
我々が店に到着した時はあいにく満席だったが、食べ終わったお客さんが何人か出てきて、なんとか席に着くことができた。
toranomon0102.jpg

ここでサムさんがタバコを吸おうと店の外に出たところ、マダムに「灰皿持っていかなきゃだめよ。」と言われ、ガラス製の灰皿を持たされていた。
さすがマダムである。
ポイ捨てには厳しいのだ。
サムさんには毎日ちゃんとガラス製灰皿を持ち歩くようにしてもらいたい。

さて、せっかくカレーが名物の店なのに、冬のボーナス削減の影響のせいか、みな財布の紐が固い。
千葉のオフィスを出禁になったヤンキーNさんはカツサンド(900円)を注文していた。
部長は定番の「ハンバーグカレー」(1,200円)を一番辛い「とら地獄」で注文した。
ちなみにこの日記の前作の「新カレー部長日記」を読んだことのない読者のみなさんのために言っておくと、ここの「特製カレー」は6段階の辛さになっており、辛くないほうから順に「子とら」「中とら」「中々とら」「大とら」「とら天国」「とら地獄」となっている。
誰かが「とら地獄」を頼むと、その後に注文した人もマダムによって強制的に「とら地獄」にさせられてしまうことがあるので注意が必要だ。

ヤンキーNさんと部長の注文を聞くと、マダムは厨房のほうに引っ込んでしまった。
M浦さんが「注文お願いしま~す」と言っても聞き入れてもらえず、マダムは別のテーブルに注文を取りに行ってしまった。
おおっ、これは新しいパフォーマンスだ!

結局、M浦さんは「ハンバーグカレー」を「中とら」で、サムさんはランチのカツカレーを、K崎さんはオムライスをそれぞれ注文した。

しばらくすると、料理が順番に運ばれてきた。
運のいいことに、今日はちゃんと全員の分のスプーンが用意された。

toranomon0103.jpg
久しぶりに食べる「レストランとらのもん」のカレーは果たしてどうだろうか。

やはり「とら地獄」なだけあって、辛い。
平均的なカレーの「辛口」に比べたらはるかに辛いだろう。
だが、地獄にまで落ちる辛さかといえば、そこまでではない。
この店で初めて食べたときは「とら天国」でも泣きそうなぐらい辛く感じたものだが、今や「とら地獄」でも安心して食べられるレベルになったようだ。
なので、この日記をお読みのみなさんも、ぜひ「とら地獄」を食べていただきたい。

しかし「中とら」で全然辛くないはずのM浦さんが、最初に出てきた水を全部飲んでしまい、マダムに「水ください。」と言った。
この店で水のおかわりがすんなりもらえるはずがない。
予想どおり、マダムは言った。

「いやです。」

久しぶりにマダムのセリフが聞けて大満足だ。

そしてお会計。
ヤンキーNさんは、「900万円」と、マダムに言われる前に自分から言っていた。
部長は「120円」と言いながら1,200円を出して逃げたが、おかげでサムさんがちゃんと払ったにもかかわらず「前の人が120円しか払わかなったからこれじゃだめよ~。」とからまれていた。
しかし、ほかにもお客さんはたくさんいるのに、なぜいつも我々だけいじられるのだろうか・・・?


レストランとらのもん
住所:東京都港区虎ノ門1-12-12
電話:03-3501-9522
営業時間:11:00~22:00
定休日:土日祝日
コメント
この記事へのコメント
それはきっと
>なぜいつも我々だけいじられるのだろうか・・・?

マダムにはわかるんでしょう、本心はそう扱われたいという本性が。
2009/12/06(日) 08:49 | URL | さきちゃん #kY.A8d5U[ 編集]
マダム
そうかもしれません。これがなかったらこの店の魅力も半減ですしね。
2009/12/06(日) 23:06 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/62-032192a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック