約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

今日から3月だ。
この日記もあと4か月で完結するというのに、先月は結局8回しかカレーを食べていない。
このままでは読者の皆様に申し訳ない。
今日はカレー曜日だし、部員も誰もいないので、お昼にカレーを食べに行くことにした。
向かった先は、最近オープンした新しいカレー屋「J華麗(ジェイカレー)」。
この日記の副題と少しかぶっている気もするが、果たしてどんな店なのだろうか。

店があるのは靖国通り沿い。
神保町駅と小川町駅の間だ。
jcurry0101.jpg
それでは店内に入ってみることにしよう。
店内はカウンター席とテーブル席がそれぞれ数席ずつ。
あまり広い店ではないが、カウンター席があるので、一人でふらっと食べに行くには便利そうだ。
jcurry0102.jpg

さて、何にしようかと思い、メニューを見る。
jcurry0103.jpg
「限定メニュー」と書いてある。
どうやらオープンして間もないため、暫定メニューで営業しているようだ。

食べられるカレーは「M」と「J」の2種類。
どうやら「M」の方がオーソドックスなカレーで、「J」の方はカレー南蛮風のカレーのようだ。
「M」と「J」が何の略なのかわからないが、少なくとも「日経MJ」とは関係なさそうだ。

せっかくなので「J」を注文してみようとしたが、ライスが150gのものしかないではないか。
しかも価格は250円。
これでは足りるはずがない。
「ライスはこれしかないんですか?」と店員さんに聞いてみると、「熱いうちに食べていただきたいので、ライスを少なくしています。食べ終わったらお代わりしていただいても結構です。Mのレギュラー(250g)とJの両方を注文される方もいらっしゃいます。

それだ!

欲張りな部長は「M」のレギュラー(450円)と「J」の両方を注文することにした。

注文して間もなく、スープと付け合わせのもやしのキムチ・もやしピクルスが運ばれてきた。
jcurry0104.jpg

そしてしばらくすると、カレー「J」がやってきた。
jcurry0105.jpg
一緒に出てきたソースをかけて食べるカレーのようだ。
果たして味はどうだろうか。

カレー南蛮風のマイルドな味だ。
しかししっかり味はついているので、問題はない。
そのままでも食べられるが、ソースをかけると濃い味になってまた違った味が楽しめる。

ここでまさかの「青汁」登場。
jcurry0106.jpg
健康的ではあるが、まずい。

「J」を食べ終わってしばらくすると、今度は「M」が運ばれてきた。
jcurry0107.jpg
こちらはどうか。
「J」に比べると、少しスパイシーだが、くせがないので食べやすい。
ただ、食べているうちに少々飽きてしまう感じだ。
ライスもレギュラーで250gとのことだが、実際にはもう少し多いのではないかという気がした。
隣に座っていた女性も、ライスを残してしまっていたようだ。
何かトッピングがあればいいのだが、現在は「とんかつ」しか選べないのがちょっとつらい。
それから、もやしのキムチとピクルスが付いてくるが、個人的には普通に福神漬けとらっきょうのほうが合うのではないかと感じた。

とはいえ、カレーの味自体は悪くないし、値段もリーズナブルだ。
いずれトッピングやサイドメニューも登場するらしいので、その頃にはまた食べに来たいと思う。


J華麗(ジェイカレー)
住所:東京都千代田区神田小川町3-1-15 地球堂ビル1F
電話:03-5577-6179
営業時間:11:00~21:00
定休日:不明
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/606-9ef6f4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック