約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は久しぶりに都内でカレーを食べることにした。
部長の知らない間にあちこちにいろいろな店ができているようだ。
今日はそのうちの一軒、銀座にある「Yellow Spice」というスープカレー屋に行ってみることにした。
地下鉄の銀座駅または東銀座駅の近くなので、アクセスはしやすい。
yellowspice0101.jpg
店があるのはビルの地下だ。
階段を下りると、すぐ目の前に店が現れた。
yellowspice0102.jpg

扉を開けて店内に入ると、昼時を外していたためか、お客さんは一人だけ。
好きな席に座っていいとのことだったが、カウンター席に座ることにした。
yellowspice0103.jpg

さて、初めて入るスープカレー店では原則としてチキンの入ったものを注文することに決めている部長である。
ポーク、野菜、ひき肉納豆などのメニューもあったが、選んだのはもちろん骨付きチキン(970円)だ。
その前にスープを選ばなくてはならない。
スープの色は黄、赤、黒、白、そして濃黄(何と読むのか?)の5種類。
おや?濃黄以外はどこかで見たことがある色だぞ。
部長は初めてなので、一番上の「黄」を選択した。
これだけではちょっとさびしいので、トッピングにレンコンと串たまねぎ(各50円)を追加した。
辛さは1番から10番まであるので、無難に8番に抑えておいた。
ちなみに辛さはマイナス(-1番~-10番)にもできるようだ。
もっとも、いつもこの日記を読んでくださっている皆さんがマイナスの辛さを選択することはないと思うが。

注文してしばらくすると、スープカレーが運ばれてきた。
yellowspice0104.jpg
黄色とは言いながら、オレンジ色っぽいのはよくあることだ。

果たして味はどうだろうか。
スープを飲んでみる。

美味しいぞ。でもちょっと辛い

辛いことは辛いが、スープの旨味がちゃんと味わえる。
どこかの店みたいにどろどろにもなっていないし、もちろん、唐辛子スープにもなっていない。
ちゃんと味わえる辛さだ。

具はといえば、チキンは柔らかくて文句なし。
一方、野菜は全体的に小ぶり。
スープの量に比べると具が少なめなので、欲張りな人でなくとも何かトッピングをするのがおすすめだ。

最初は辛いと思ったスープも、途中から慣れてきて、最後まで美味しく食べられた。
この調子なら、突然辛くならない限り、9番でも行けそうな気もする。
ドミニカの10番を嫌がっていたコバチューさんも、ここの10番だったらOKかもしれない。

今度来たときは「濃黄」のスープカレーを食べてみようと思う。


Yellow Spice
住所:東京都中央区銀座6-12-2 東京銀座ビルB1F
電話:03-6280-6626
営業時間:11:30~22:00(L.O.)(平日は15:30~17:30休憩、日曜・祝日は21:00L.O.)
定休日:なし
コメント
この記事へのコメント
ひとまず・・・
部長
お疲れ様です。
お手数ですが9番を試していただけますでしょうか(笑)
いきなり行って9番頼んで結局ドミニカと同じだったとなると結構地獄です(笑)
もちろん-10番にするつもりはありませんが・・・
ドミニカもそんな感じじゃなかったっけ?
確か店の人が言ってましたよ。
美味しく食べられるのは8番までだって・・・
2012/05/21(月) 18:57 | URL | コバチュー #-[ 編集]
コバチューさんへ
お疲れ様です。
もちろん、次回は9番を試してみますよ。
9番で急に唐辛子盛りになる京橋(銀座)ドミニカの例もありますからね。油断はできません。

ちなみにこの店は京橋ではなく新宿のドミニカと関係がありそうです。
ゾウのマークが一緒・・・
http://currybucho3.blog99.fc2.com/blog-entry-400.html
新宿では9番を食べたことがないので、どれだけ辛いのか、まだわかりません。
2012/05/21(月) 23:47 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/517-2d07af04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。