約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレー部長は再び福岡に来ていた。
福岡市内で行きたいと思っていたカレー屋はほぼ行き尽くしたというのが正直なところだ。
そこで今日は3回目となるが、早良区城西にある南インド料理の店「あんまー」に行くことにした。
行く途中に新しくできたと思われるカレー屋を発見したが、それは次回にしよう。

店の前に到着した。
amma0301.jpg
あれ、「CLOSE」になっているぞ。
まだ午後3時前だというのにおかしい、と思ったら中から店の人が出てきた。
大丈夫らしい。よかった。
amma0302.jpg

さて、何にしようかと思い、メニューを見る。

あれ?メニューが変わっているぞ。

ランチメニューはカレーばかりになっている。
それも普通にライスで食べるカレーばかりだ。
前回訪れた時はミールスがあったはずだが、完全に消えてなくなっている。
そういえば、インド人のシェフもいない。
厨房にいるのは日本人だ。

よく見ると、どこにも「インド料理」とは書いていない。
店名は「あんまー」のままだが、「南インドレストラン」ではなく「スパイシーハウス」になっているではないか。

まあ、仕方がない。
普通のカレーを食べよう。
どれが美味しいのかよくわからないが、インドカレーっぽい名前である「バターチキンカレー」を注文することにした。
しかしミニサラダとミニラッシーが付いて650円とは安い。

しばらくすると、カレーが運ばれてきた。
amma0303.jpg
カレーは淡い色をしていて、見るからに甘口そうだ。
果たしてどうだろうか。

やっぱり甘口だ。
少しピリッとするものの、マイルドなカレーである。
そこで一緒に運ばれてきたニンニク入り唐辛子オイルをかけてみる。
するとだいぶ辛口になった。
しかし味はインドカレーとはかけ離れた、ニッポンのカレーである。
安いので文句は言えないが、値段相応の味だ。

これだったら、わざわざ遠くから食べに来るほどのものではないと感じた。
やはり福岡で「南インド料理」は難しかったのだろうか・・・


スパイシーハウス あんまー
住所:福岡県福岡市早良区城西1-6-10 ルピナス西新1F
電話:092-210-0108
営業時間:12:00~15:00、18:00~22:00
定休日:火曜日

大きな地図で見る

コメント
この記事へのコメント
「途中」が気になるところです。期待しています。
2012/04/18(水) 00:08 | URL | きんさん #-[ 編集]
「途中」の店は・・・
そのうち行ってみます。
2012/04/20(金) 01:11 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
あんまーです
あんまーです。
何度も来て下さってありがとうございます。

さて、あんまーのカレーは「お母さんが家族に毎日食べさせても安心できるカレー」を提供しております。

南インド料理の看板は諸事情により下ろさせていただいてますが、香辛料の調合、作り方などは、わたくしサキーナがインド留学中に覚えたレシピを再現しております。

現在、巷で「インドカレー」として提供されている、化学調味料や着色料をたっぷり投入したカレーしか知らない方にはいささか物足りない味かとは思いますが、「普通の日本のカレー」とははっきり一線を引いているつもりです。

日本でインドカレーとして流行しているカレーは、インドでは「パンジャブ地方のカレーをベースにした、ホテルスタイルのカレー」です。

インド人でも、このようなカレーを毎日食べ続けると病気になります。現に、外食好きのインド人で「痔」を煩う人たちがかなりいます。家庭のカレーは、オイルも香辛料も控えめで、毎日食べても健康を損なうようなことはありません。

インド料理と言えば、ナン!と想いの方もたくさんいらっしゃいますが、ナンはもともと中近東の食べ物で、インド本土にも回教徒によってもたらされていますが、現地では自然発酵させるるため、イーストや膨張剤でふくらせた日本のナンみたいに柔らかくはなく、歯ごたえもしっかりしています。もしこのようなナンを出すお店があれば、「本物のナンじゃない」と思われる日本人もたくさんいらっしゃることでしょうね。

そもそも国土が日本の9倍、人口が11倍の国ですから、食べ物のバラエティーも数え切れないくらいあり、また日本と同じく外国の料理の影響を受けつつ新しい料理も次々とクリエイトされています。文化とは、交流によって進化していく運命を持っていると私は考えますので、これはごく自然な事だと思います。

ですから、この現代社会において、何が本物なのかという定義は昔とは変わらざるを得ませんが、「食する」という行為は「身体を育てるため」にあるという事実はどこまでも変わらないと思います。

インド人がしているから、売れるから、ビジネスだから・・・自分の子どもに食べさせたくないような物をお客さまにお出ししたいとは私は思いません。その観点からあんまーはメニューを考えています。

どんなカレーが好みかは皆さん個人個人のチョイスですので、あんまーのカレーがお口に合わない方がいらっしゃって当然ですが、(インドカレーと歌っているのに)「普通の日本のカレー」だとおっしゃられるのは(暗に)「嘘を言っている」という意図があるととれますが、いったいどのようにお考えなのでしょうか?

わたくしサキーナは現在ディナータイム18:00~22:00にお店にいます。一度ゆっくり「カレーについて」語り合えたらと思います。どうぞ、わたくしのいる時におたずね下さい。お待ちしています。

ちなみに、毎週金曜日は夜8時から「インド舞踊ショータイム」です。観覧無料ですので、こちらのほうのよろしければ、どうぞ。

ご熟読、ありがとうございました。

2012/05/25(金) 02:08 | URL | amma sakina #NiuQfYto[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/505-5d994dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。