約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレー部長は福岡に来ていた。
福岡市内のめぼしいカレー屋はほぼ行き尽くしたつもりでいたが、1軒気になっていてまだ訪れていない店があった。
スープカレーの店「カヨカリ」である。
店があるのは中央区高砂。
西鉄バスを「渡辺通一丁目」で降り、少し歩く。
途中道に迷いながらも、何とか店の前までたどり着いた。
kayokari0101.jpg
この店は築70年以上の古民家を改造したものらしい。
店というより家である。
その「家」に入ってみると、お客さんでにぎわっていた。
こんな目立たない場所にあるのに、みんなよく知っているなあ。
入るとまず注文を聞かれ、先にお金を支払うシステムとなっている。
メニューはスープカリーとタイカレーのみ(いずれも800円)。
ここはやはりスープカリーを注文するべきだろう。
なお、具材や辛さは選べない。

土間で靴を脱ぎ、小上がりの空いている席に着く。
kayokari0102.jpg

この店はオーナーの女性が一人で営業している。
ただでさえ時間がかかるスープカレー、一人で作っているとなれば待つのは覚悟しなければならない。
30分ぐらい経った頃だろうか、ようやくスープカレーが運ばれてきた。
kayokari0103.jpg

具はチキンレッグや角煮など、目立つものは入っていない。
その代り、豆腐が入っていた。
kayokari0104.jpg

果たして味はどうだろうか。
食べてみる。

うーん、ちょっと酸っぱい。

なんとかぎりぎり食べられるレベルではあったが、ちょっと酸味が強すぎる。
また、もうちょっと辛い方がいい。

そこで卓上にあったチリペッパーを山盛りで2杯ほど投入してみる。
すると刺激的でちょうどよい辛さになった。
酸味もあまり感じなくなり、札幌スープカレーらしい味になった。
適度に油分もあり、なかなか美味しい
具はもうちょっとボリュームのあるものが入っているとよいのだが、一人でやっているので贅沢を言ってはいけない。
どちらかといえば、女性向けのスープカレーかもしれない。

時間に余裕があり、かつ古民家風の店が好きな人(部長は別に好きではないのだが・・・)は行ってみるとよいだろう。


カヨカリ
住所:福岡県福岡市中央区高砂1-18-6
電話:090-2076-5526
営業時間:12:00~15:00、18:00~24:00
定休日:日曜日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/495-5b5e1c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。