FC2ブログ
約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2020/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/07

今日は久しぶりに東京での仕事だ。
何しろ2週間以上出張に行っていたので、机の上は書類が山積みだ。
一つずつ調べてみると、明らかに自分の仕事ではなさそうなものがまぎれていた。
意味不明だったので向かいの席のO石さんに聞いたところ、「次長に聞いたらカレー部長にやってもらえと言われたので置いた。」とのこと。
どう考えてもこれはプロパーの仕事だ。
カレー部長のようなよそ者が口出しできる問題ではない。
だいたい、できない仕事なら安請け合いしないで最初から断れ!
しかも仕事を丸投げしたS林は「おなかが痛い」ため今日は休むとのこと。
小学生のズル休みかよ。

この組織も長くは持つまい。
そう思った部長は、当然お昼は一人で外に食べに行くことにした。
向かった先は小川町の「チャントーヤココナッツカリー」。
1か月半ぶりの訪問になる。
chantoya0301.jpg

さすがに12月最終週なだけあって、前回に比べると明らかにすいていた。
部長は今日もカウンター席に座ることになった。

さて、何にしようか。
前回の日記に「トロすじかトロ豚、またはひき肉の入ったカレーを食べてみたい」と書いた。
しかし店の人から期間限定の13番目のカレーをすすめられた。
chantoya0302.jpg
「広島県産カキとほうれん草の焼チーズカリー」。

広島へは先日行ってきたばかりであるが、やっぱりカキは美味しい。
というわけで、今日はおとなしく店のおすすめに従っておくことにした。
なお、辛さは一番辛い「激辛」(+50円)にした。

カウンターの前には今日もサーフィンの映像が・・・
chantoya0303.jpg
時々字幕が出るのだが、映画のワンシーンなのだろうか。

しばらくすると、カレーが運ばれてきた。
chantoya0304.jpg
表面にはまるで蓋のようにチーズが覆いかぶさっている。
これはチーズ好きにはたまらないぞ。

そしてたっぷり入ったチーズをどけると、カキとほうれん草の入ったカレーが現れた。
食べてみると、辛さはそこそこ感じるものの、ココナッツが効いているため、総合すると「辛口」レベルになっている。
「激辛」として提供するなら、もう一段階上の辛さを作ったほうがいいのではないかと思う。
しかし具のカキはたっぷりと入っていて、食べごたえがあった。
ほうれん草が合うのか疑問だったが、実際に食べてみると全然違和感はなかった。

今日も美味しく食べられた。
ぺろっと平らげたので、店の人から「激辛を食べるなんてすごいですね。」と言われてしまった。
調子に乗った部長は、「もう一つぐらい上の辛さがあってもいいんじゃないですか?」と言ってしまった。
ただ、下手に辛くして味のバランスが崩れてしまっては意味がない。
もしかしたら今ぐらいが限度なのかもしれない。

次回来た時は、また別のカレーを食べてみたい。
しかしこの店のカレーの問題点は、トマトが入っているカレーが多いことだ。
トマトを外すことができないか、次回来たときに相談してみようと思う。


チャントーヤココナッツカリー
住所:東京都千代田区神田小川町3-28-7 昇龍館ビル101
電話:03-5281-4747
営業時間:平日11:00~22:00(L.O.21:30)
     土日祝日11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:無休
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/462-5ca58f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック