約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広島での研修会も無事に終わった。
そこで広島でもう1軒ぐらいカレーを食べて帰ろうと思ったのだが、あいにく狙っていた店は2軒とも定休日だった。
しかしそう簡単にカレーをあきらめる部長ではない。
小倉まで足を延ばすことにした。

向かった店は「ガネーシャ」。
魚町銀天街という、日本で初めてアーケードを造った商店街の中にある。
店があるのは地下で、少々入るのに勇気がいる立地だ。
gane-sha0101.jpg

店内に入ってみると、客は部長一人。
店の人もご主人一人のようだ。
部長は窓際のテーブル席に座ることにした。
gane-sha0102.jpg
店内にはいろいろと装飾が施されていて、アジアっぽいごちゃごちゃとした雰囲気だ。

さて、何にしようか。
メニューを見ると、「チキン」「インド」「カシミール」「コルマ」・・・と並んでいる。
おや、これはデリーとそっくりではないか。
どうやらここのご主人はデリーで修行したらしい。
それならば、やはり一番辛い「カシミール」を食べてみたい。
また、せっかくなのでサモサ、ラッシーとサラダが付くAセット(1,380円)を注文することにした。

最初にサラダが運ばれてきて、それを食べてみるとカレーがやってきた。
gane-sha0103.jpg

黒い!

まさに期待していた「カシミール」カレーそのものだ。
さっそくライスと一緒にいただくことにしよう。
gane-sha0104.jpg

おや、ちょっと甘いぞ。

と思ったら、やっぱり辛い!

スープ状のカレーなので、辛さがダイレクトに喉を刺激する。
このカレーはライスがないとちょっとつらい。
この店ではナンも選べるようだが、ナンとは合わないと思う。

そしてサモサもやってきた。
gane-sha0105.jpg
サモサよりも一緒に付いてきたバトゥーラのほうが大きい気もするが。
食べてみると、サモサもバトゥーラも美味しい。
特にサモサはカレー味のジャガイモが詰まっていて、くせになる味だ。

しかしカレーの量が多く、なおかつ辛いため、最後はライスがなくなってしまい、カレーだけで食べる羽目になった。
「カシミール」をライスなしで食べるのは結構しんどい。
お腹がすいていればライスを大盛りにしたほうがよさそうだ。

いやあ、美味しかった。
九州でこの手のカレーを出す店は多分ほかにはないと思うので、なかなか貴重である。

ただ、最近「デリー」に行っていないので、味がどう違うのかはわからなかった。
今度は久しぶりに「デリー」の「カシミール」を食べてみようと思う。


ガネーシャ
住所:福岡県北九州市小倉北区魚町2-3-20 B1F
電話:093-541-2608
営業時間:12:00~14:30(L.O.14:00)、17:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:月曜日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/460-fd0a263a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。