約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

今日は恒例の明治神宮お参りの日だ。
そこでお昼にカレーを食べることにした。
そういえば最近、代々木の「camp」に行っていない。
この店は日曜日は休みだが、祝日は営業している。
最近は人気店のため、並ばないと入れないことも多いが、意外に祝日は営業ということは知られていないのではないか?
そう思って行ってみたが・・・
camp0501.jpg
やはり混んでいた。
しかし回転の速いのがカレー屋のいいところである。
しばらく待つと入口近くのテーブル席に着くことができた。

さて、何にしようか。
前回は「7種野菜のタイ風海老カレー」なるものを食べているが、もう1年以上前のメニューなので、当然のことながらそれはもうない。
池袋店では定番の「一日分の野菜カレー」を食べているので、今日はそれ以外のカレーにしたい。
メニューを見ると、「トマトと生姜のチキンカレー」というものがあり、どうやらこれが人気のようだ。
しかし「濃厚トマトカレーソース」というのが少々ひっかかる。
カレー部長はトマトの酸味が苦手なのだ。
しかしここで食わず嫌いをしていては部長失格である。
辛くすればきっと大丈夫だ。
「トマトと生姜のチキンカレー」を2辛で注文した。

ところが、店員さんに「2辛はかなり辛いですよ。生姜が入っているので普通でも辛いです。」と止められてしまった。
池袋店で前回4辛を食べたのだが・・・と思いつつも、素直に助言に従って1辛で抑えておいた。
これが裏目に出るとは思わなかった。

注文すると例によって水筒と飯盒が運ばれてきた。
camp0502.jpg

そしてまたしばらくすると、カレーの到着だ。
camp0503.jpg
カレーは熱々で湯気が出ている。
果たして「トマトカレーソース」の味はどうだろうか。
食べてみよう。

酸っぱい!

ある程度予測はしていたが、やはりトマト味だ。
トマトの中では甘みのある種類を使っているようで、食べやすいほうなのかもしれないが、それでも部長にとっては苦痛だ。
しかも「辛くすれば食べられる」と思っていたのに、1辛では大して辛くない。
最低でも2辛、できれば4辛ぐらいにすべきであった。
「辛いですよ」という店員の言葉に惑わされず、己の道を信じて進むべきであった。
それに追い打ちをかけたのが、具として大量に入っていたトマト。
食べるたびに顔にしわが寄るのがわかる。

しかしそれ以外の具は文句なく美味しかった。
特に鶏手羽は非常にやわらかく煮込まれていて、肉もするっと骨から離れる。
やはりチキンはこうでなくちゃいけない。

最後までトマトの酸味には泣かされたが、何とか食べ切った。
しかし次回からは「トマト」と書いてある時点で、選ぶのはやめようと思う。


野菜を食べるカレー camp(キャンプ)
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-11
電話:03-5411-0070
営業時間:11:30~22:30
定休日:日曜日
コメント
この記事へのコメント
次回は
「トマトと生姜のチキンカレー」トマト抜きでとお願いしてみたらいかがでしょうw
2011/10/11(火) 08:37 | URL | さきちゃん #kY.A8d5U[ 編集]
さきちゃんさんへ
それはいいアイデアですね。

と思いましたが、カレーソースがトマトベースなので意味がなさそうです。
2011/10/12(水) 02:06 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/427-ce9570d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック