約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月に入って絶不調のカレー部長である。
そもそもカレーを食べる機会が激減しているのだが、その少ないチャンスをものにすることさえできていない。
このままではいけない。
そう思った部長は思い立って遠征することにした。
向かった先は神戸。
思いつきで決めたので、特に理由があるわけではない。
そこで調べてみると、「マドラスキッチン」という南インド料理の店が美味しそうだったので、行ってみることにした。
店があるのは生田神社の脇の道を上り、山手幹線を渡ったところ。
madraskitchen0101.jpg
それでは中に入ってみよう。
まだお昼前だったので、お客さんはほかに1組だけ。
店内は4人がけのテーブル席が5つと、2人掛けテーブル席が2つ。
部長は空いていた2人掛けテーブル席に座ることにした。
madraskitchen0102.jpg

さて、何にしようか。
ランチメニューはカレーライスセット、Aセット、BセットそしてVIPターリがあるようだ。
ランチメニューの下には通常の単品メニューがあり、様々な料理が載っている。
しかし単品メニューは高い。
ドーサなども食べてみたいが、そうするとカレーなしで終わってしまいそうだ。
カレーを食べなければやはりカレー部長日記ではない。
そう思って結局、ランチメニューでは一番高いVIPターリ(1,980円)を注文した。

注文してしばらくすると、料理が運ばれてきた。
madraskitchen0103.jpg
カレー3種類(ほうれん草、キーマ、野菜)とサラダ、パパド、タンドリーチキン、シークケバブ、ライスとデザートがステンレスの皿に乗っていて、さらにナンが別皿に入っている。
果たして味はどうだろうか。

まずはほうれん草のカレーを食べてみよう。

塩味だ。
あまり油っこくなく、甘くもない。
さっぱりとした味だ。

ではキーマカレーはどうか。

こちらは塩辛い。
しかも酸味も感じられる。
南インド料理を出す店のキーマカレーはみんなこんな感じなのだろうか。
日本人の好みにアレンジしていないところはさすがである。

そして野菜のカレー。

こちらはあっさりしていて食べやすい。
やさしい味で、なんとなく体によさそうな気もする。

焼き物はシークケバブがしっかりとした味付けで美味しかった。
これだけを単品で注文してもいいぐらいだ。

ただ、ナンはあまり好みではなかった。
まあ、日本人のイメージするインド料理には必ずナンが入っているので、メニューに入れているのだろうが、無理して提供しなくてもいいような気もする。

全体としては美味しかったが、1,980円という価格はちょっと高い感じ。
どうせならミールスか、単品メニューにすれば良かった。
しかし一人だと単品メニューはたくさん頼めないのが難点である。
また、外した時のダメージが大きい。
この店は複数人で訪れてシェアするのがよさそうだ。
ぜひもう一度再訪したいものである。


マドラスキッチン
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通2-20-9 河本ビル1F
電話:078-222-2502
営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00
定休日:月曜日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/408-1a194f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。