約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

結局、香川では1食しかカレーを食べなかった。
こんなペースではカレー部長失格、この日記も閉鎖に追い込まれてしまう。
そこで気を取り直して、今日は自由が丘に行くことにした。
今年になって新しくカレー屋ができたらしいのだ。

東急自由が丘駅北口から徒歩1分足らず。
目的の店はすぐに見つかった。
kenchancurry0101.jpg
それでは中に入ってみよう。
1階にはキッチンがあるだけで、席はない。
そのため2階へと案内された。

2階はテーブル席が10席とカウンター席があった。
部長は空いているテーブル席へと座った。
kenchancurry0102.jpg

さて、どんなカレーがあるのだろう。
そう思ってメニュー表を見ると、どうやらカレーは1種類だけのようだ。
ライスの量は小盛から特大盛まである。
初めてなので並盛(250g、780円)にしておいた。
また、ライスは白飯のほか、バター焼きご飯、ガーリック焼きご飯(いずれも+80円)があるが、今日はおとなしく白飯にしておいた。
辛さは殿辛、並辛、姫辛があり、殿辛が一番辛いとのこと。
辛さは殿辛にしてみた。
しかしこれだけでは少々さびしい。
そこでトッピングとして「ゆでとろ薄切豚肉」(200円)を追加した。

注文してしばらくすると、カレーがやってきた。
kenchancurry0103.jpg
黒い四角い皿にライスとカレーが盛られている。
果たして味はどうだろうか。

なんか、酸っぱい。

殿辛のせいなのだろうか、なんとなくハバネロ風のいやな酸っぱさを感じる。
ハバネロで辛くしているのだろうか?
しかし辛さはそこまでではないので、もしかしたらベースのカレー自体に酸味があるのかもしれない。
残念ながら、部長の好みの味ではなかった。
いろいろな材料を使って複雑な味に仕上げているようなのだが、酸味のせいで全然味わえなかった。

また、トッピングの豚肉はほんの少ししか入っていなかった。
これぐらいなら無料で付いてきてもいいぐらいである。
200円は高すぎる。
また、普通は付いてくる福神漬けもない。
どうやら、無料ではあるが、リクエストしないと出してもらえないらしい。
これはちょっとセコくないか?

ライスの量も並盛では成人男子には物足りないレベル。
大盛にすべきだろうが、そうするとカレーだけで880円だ。
これにトッピングを加えると、1,000円を超えてしまう。
さすがにちょっと高すぎやしないだろうか。

接客はよかったし、場所も便利だが、値段と味が折り合わなかったので、今のままでは再訪はないだろう。


KENchanCURRY(ケンチャンカレー)
住所:東京都目黒区自由が丘1-12-4
電話:03-3723-3308
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休

居酒屋けんちゃんに変わりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/406-a856d8af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック