約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

お昼に食べたカレーがあっさりしすぎていたため、もう一食カレーを食べることにした。
元焼肉部員のカレー部長としては、焼肉丼の店「丼だけ~」に行ってもよかったのだが、やはりカレーを食べなければカレー部長失格であろう。
そこで静岡市を離れ、浜松へと向かった。

浜松駅の北口から大通り沿いに進み、遠州鉄道の高架をくぐり、「うなぎパイ」の春華堂の店の脇の路地を進むと、目的の店「ブータン」にたどり着いた。
bhutan0101.jpg
しかし年季の入った、小さな店だ。
大丈夫かと不安になりながら、店内に入ると、カウンター席が現れた。
カウンターは黄色いタイル張り。
これはまた変わった店に来てしまった。

さて、何にしようかとメニューを見る。
bhutan0102.jpg
ネット情報によるとカツカレーが人気のようだが、さすがにちょっと重そうだ。
そこで新メニュー(?)の「チキンカツとキーマ・カレー」(750円)を食べることにした。

カウンターだけの店なので、注文してすぐにカレーが出てくるかと思いきや、意外に時間がかかった。
どうやらカツは注文の都度揚げているようだ。

そしてカレーの登場。
bhutan0103.jpg
白い器にカレーとチキンカツ4個が乗っている。
果たして味はどうだろうか。
カレーを食べてみる。

家庭風のマイルドな味だ。
「キーマ・カレー」なのに、あまりひき肉が入っていない。
特別辛くもないし、甘くもない。
しかし、どことなく懐かしい、やさしい味だ。
一方、チキンカツは揚げ立てなだけあって、サクサクしていて美味しい。
やはりこの店では揚げ物の付いたカレーを食べるのがおすすめのようだ。

壁には「店主が大分オジンになったので、週休二日にする」との貼り紙がしてあった。
今日は店主はおらず、おばちゃん二人だったが、きっと昼時は店主がいるのだろう。

カウンターの向こう側の席では、お客さんの一人が店のおばちゃんに「浜松を離れて三十何年ぶりに食べに来た。」と話していた。
浜松で生まれ育った人にとっては、思い出の店なのだろう。
部長もオジンになりかけているが、残念ながら思い出の店と言える店(特にカレー屋)がない。
ちょっぴりうらやましく感じた部長であった。


ブータン
住所:静岡県浜松市中区鍛冶町320-8
電話:053-454-0085
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜、木曜(祝日の場合は営業)

大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/381-95904b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック