約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はカレー曜日なので、お昼はカレーを食べに行きたいところだ。
しかし当然のことながら、このあたりにはカレー屋はほとんどない。
そこで今日は淡路町のジンコックに行くことにした。
前回訪れたのは4月なので、1か月以上訪れていないことになる。
jincock1301.jpg
果たして今日は混んでいるのだろうか。
店のドアを開けてみる。

残念!満席だ。

しかしここまで来て別の店に行くのはつらい。
店の外でしばらく待つことにした。

それにしてもこの店といい、神保町のガヴィアルといい、以前より客の入りがよくなっている気がするのは気のせいだろうか。
暖かくなってきたので、外に食べに行く人が増えたのだろうか。

店の外には本日のインド風カリーランチとキッチンランチの内容が掲示されていた。
jincock1302.jpg
キッチンランチにも惹かれるものがあったが、揚げ物コンビにカレーという、カロリー過多な組み合わせなので、残念ながら今日はパスだ。
無難にCの「ハンバーグカリー」(780円)を「極辛」で注文することにした。

数分店の外で待つと、店内に入ることができた。
しかしこのカレー屋は、料理を作っているのはマスター1人、そのほかにパートのおばちゃん1人という小ぢんまりした店である。
カレーが出てくるまでにしばらく時間がかかることもある。
しかも今日は後から入ってきたお客さんのカレーのほうが先に出てきた。
何ということだ!
さらに運の悪いことに、途中で食器がなくなってしまい、マスターが食器を洗っていた。
これは大きなロスタイムだ。
jincock1303.jpg

結局店に入ってからカレーが出てくるまでには10分ほどかかった。
jincock1304.jpg

しかし大事なのは味だ。
さっそく食べてみよう。
jincock1305.jpg

相変わらず、辛くて美味しい
ここのインド風カリーはデリーのカシミールカレーを思わせるシャープな辛さが特徴だ。
一方、具のハンバーグはこれといった特徴はなかった。
しかし大きくてボリュームは満点だ。
これなら食べ盛りのアラフォー世代も満足できる内容だ。

だが、やはりこの店ではカニクリームコロッケなど、揚げ物が美味しい。
今度の血液検査で中性脂肪の値が低下していたら、次回「キッチンランチ」または揚げ物の入ったカレーを食べたいと思う。


カリー屋 ジンコック
住所:東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル1F
電話:03-3251-1795
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/378-0ffaa1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。