約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は横浜で仕事だった。
カレー不毛地帯を離れられるこんな日はカレーを食べるチャンスである。
しかし昼は崎陽軒の弁当が用意されていたため、夜にカレーを食べて帰ることにした。
向かった店は「アルペンジロー」。
有名店でよくメディアに取り上げられるのだが、まだ行ったことがない。
これは行ってみるしかないだろう。

地下鉄の駅を降りて、少し歩くと目的の店はすぐ見つかった。
alpinjiro0101.jpg
ナカに入ると、すでに2組ほどお客さんが入っていた。
照明が落とされた落ち着いた店内には厨房を見渡すようにカウンター席が配置され、別室にはテーブル席が配置されていた。
部長はカウンター席に座ることになった。
alpinjiro0102.jpg

さて、何にしようか。
メニュー表を見ると若鶏、季節の野菜など数種類のカレーが載っている。
どれにしようか迷ったが、こういうときはメニューの一番上に載っているものを選ぶのが王道だ。
「若鶏」(1,350円)のカレーを選んだ。
辛が選べるが、山の名前になっていて、辛くない方から「野毛山」「富士山」「キリマンジャロ」「アイガー」「エベレスト」「天国」の順となっている。
初めての店では一番辛いカレーを注文しないことに決めている部長は上から2番目の「エベレスト」にした。

出てくるまでに少し時間がかかりそうだったので、ラッシー(600円)を飲みながら待つことにした。
ラッシーは甘口で、生クリームのような香りがしたが、気のせいだろうか。

そしていよいよカレーがやってきた。
小さな鉄鍋に若鶏とジャガイモ、ニンジンなどが入っていて、その上からカレーがかけられた。
するとジュワっと湯気が立ち、カレーがぐつぐつと煮立った。
alpinjiro0103.jpg

そしてライスは飯盒に入っての登場だ。
alpinjiro0104.jpg

それではいただくことにしよう。
alpinjiro0105.jpg
カレーはさらさらのスープ状。
甘みが強いが、後で辛さもやって来る。
スープ状の欧風カレーといった感じ。
好みが分かれそうだが、個人的には好きな味だ。
「エベレスト」でもそれほど辛くはなかったので、「天国」にしてもよかったかもしれない。
具のチキンも表面がパリっとしており、悪くない。
ただ、カットされていないので、自分で切らないといけないのだが、うまくやらないとカレーがこぼれてしまう。
また、ライスは飯盒で炊いているわけではなく、後で移しているだけのようだ。
雰囲気を出そうとしているのだろうが、どうしても最後に少しライスが飯盒に残ってしまうのが難点だ。

食べている間に次々とお客さんが入ってきた。
やはりこのあたりでは人気店のようだ。
隣の席に座ったおじさんは「くるくる」なるものを注文していた。
何かと思ったらアスパラを豚肉で巻いたものだった。
ビールのおつまみによさそうだ。

ちょっと遠いのでなかなか訪れる機会がないが、また横浜方面に仕事で行くことがあったら訪れたいと思う。
今度は辛さを「天国」にしてみたい。


アルペンジロー
住所:神奈川県横浜市中区弥生町3-26
電話:045-261-4307
営業時間:平日11:00~15:00(L.O.14:30)、17:30~22:30(L.O.22:00)
     土日祝日11:30~15:00(L.O.14:30)、17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日

大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/368-07f015a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。