約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は昼前に大阪のTという奴から電話がかかってきた。
今まで全く電話がかかってこなかったが、今月に入り2回目の電話だ。
「××について大阪では対応するつもりですけど、全国で通知したほうがいいんじゃないですか。」だと。
調べてみると、確かに間違ってはいないが、はっきり言って細かい、どうでもよいレベルである。
こんなことをわざわざ言ってくるなんて、よっぽど暇なのか。
それとも、大阪人や京都人に時々見られる、東京への対抗意識の現れなのか。
実際に会えば悪い人でないのかもしれないが、電話口で大阪弁の強い口調で言われると、無性に腹が立つ。
こんな日の昼は激辛カレーを食べに行くに限る。
しかしチャオカリー亡き今となっては、めぼしい店が見当たらない。
そこで意を決して神保町の「メーヤウ」に行くことにした。
ここなら辛いカレーがあったはずだ。
maeyao0101.jpg
前回訪れたのは2009年の3月なので、なんと2年1か月ぶりの訪問である。
店内は混み合っていたが、窓際のカウンター席が運よく1席だけ空いていたので、そこに座ることができた。
maeyao0102.jpg

注文するカレーはもう決めてある。
もちろん一番辛い「チキンカリー」(850円)だ。
がっつり食べたい気分だったので、ライスを大盛りにした。

しばらくすると、カレーが運ばれてきた。
maeyao0103.jpg
どろっとしていて、見た目は日本のカレーっぽい。
果たして味はどうだろうか。
カレーをライスにかけて食べてみる。
maeyao0104.jpg

辛い。
さすがメーヤウのカレーだ。
しかし激辛といえるほどではない。
もっと辛いほうがいいぞと思い、卓上のプリックナンプラーをかけてみる。
すると刺激的な味になった。

しかしチキンはいつの間にか骨付きの手羽元ではなくなっていた。
うーん、あれがよかったんだけどなあ。
昔はカレーももっとさらさらだったし・・・

しかし今さら昔を懐かしんでいても仕方がない。
味と辛さは問題ないし、美味しいことに違いはない。
カレー不毛地帯からはちょっと遠いので、いつでも来られるわけではないが、またそのうち食べに来ることにしよう。


メーヤウ 神保町店
住所:東京都千代田区猿楽町2-2-6
電話:03-3233-0034
営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜、祝日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/364-44b22100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。