約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼に食べたスープカレーに不満が残ったので、夜もスープカレーでリベンジといきたいところだ。
しかし首都圏のめぼしいスープカレー屋はそのほとんどが都心から離れた場所にあり、電車の運行本数が削減されているこの状況では、仕事帰りに訪れるのはリスクが大きい。
銀座の「菜時記」に電話してみたが、予約でいっぱいとのこと。
そこで今日は寄り道せずに行ける店ということで、渋谷のSHANTiに行くことにした。
shanti-shibuya0401.jpg
店内には結構お客さんが入っていた。
部長は入口近くの席に座ることになった。
shanti-shibuya0402.jpg

今日は何にしようか。
前回は一人きりのクリスマス・イブだったので「チキンと野菜のスープカリー」にしたが、今日は別のものにしよう。
そこで「ハンバーグと野菜のスープカリー」(1,160円)を選んだ。
問題は辛さだ。
前回は60ボーガにしたが、生唐辛子が多いだけで、旨味が増すこともなかった。
この店は数字を上げると値段も高くなってしまうので、今日は40ボーガ(+400円)に抑えておくことにした。
そして欲張りな部長はカボチャ(100円)をトッピングした。

しばらくすると、スープカレーが運ばれてきた。
shanti-shibuya0403.jpg
スープはオレンジ色をしている。
果たして味はどうだろうか。

辛い
舌にビリっと来る。
だが、前回の60ボーガとの違いがよくわからない。
今日のスープの中にも相当な量の生唐辛子が入っている。
ひょっとしたら40ボーガ以上は辛さが変わらないのではないだろうか。

具のハンバーグはなかなか美味しい。
スープとの相性もばっちりだ。
タマゴもゆで玉子ではなく、目玉焼きが入っているところが特徴だ。
また、カボチャのトッピングをしたのも正解だった。
このスープカレーは野菜がやや少な目だからだ。

それにしてもこのスープカレー、唐辛子が多い。
まともに全部食べたら後で胃に来そうだったので、今日は食べずに少し残しておいた。
生唐辛子に頼りすぎるのも問題だ。
もっとも、完全にただの唐辛子スープになってしまっているどこかの店に比べたら、ちゃんとスープの味を味わえるので、はるかにマシであるが。

やはり辛くてもちゃんと味わえるカレーを食べたいものである。


SHANTi 渋谷店
住所:東京都渋谷区道玄坂2-10-10
電話:03-6416-9390
営業時間:11:30~24:00
定休日:年末年始のみ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/345-f949eccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。