約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレー部長は札幌に来ていた。
明日からの仕事に備え、今日は札幌で前泊だ。
しかし明日からの仕事先は札幌から遠く離れており、カレー専門店すらないと思われる土地だ。
カレー不毛地帯どころではない。
そこで今日は何としてもカレーを食べておく必要がある。

札幌といえば、やはりスープカレーである。
数ある店の中から選んだのは「カリー・ディ・サヴォイ」。
東急ハンズの近くにあるビルの地下1階にある。
disavoy0101.jpg

雑居ビルの地下で目立たない場所にあるし、夜だからすいているだろうと思って店内に入る。
なんと混んでいるではないか!
これは人気店に違いない。
部長は一人だったので、カウンター席へと案内された。
disavoy0102.jpg

部長は初めて訪れるスープカレー店では原則としてチキンの入ったものを注文することにしている。
メニューを見ると、「道産地鶏のカリー」(1,260円)というのがあるではないか。
迷わずそれの「ワインセット」(+400円)を注文することにした。
辛さは5番まであったが、4番で抑えておいた。
そして欲張りな部長はレンコン(105円)をトッピングした。

しばらくするとサラダとワインが運ばれてきた。
disavoy0103.jpg
軽くて飲みやすいワインだ。

そしてまたしばらくすると、スープカレーが運ばれてきた。
disavoy0104.jpg
存在感のある大きなチキンレッグと、大ぶりの野菜が乗っている。

果たして味はどうだろうか。
スープを飲んでみる。

濃い!
表現するのが難しいが、鶏ガラベースのような気がするが、醤油を思わせる和風っぽい感じもする。
具の地鶏は表面がカリっと焼かれており、中はやわらか。
大きくて食べごたえのあるチキンだ。
野菜も全般的に美味しい。
さすが北海道だ。
菜の花が入っていたのもこの季節らしくてよい。
ちょっと茹で過ぎの気もしたが・・・
スープの辛さは最初は辛すぎたかと思ったが、食べているうちにちょうどよく感じてきた。
濃厚すぎて飲みきれなかったという人もいるようだが、部長はしっかり完食できた。

ところが、店を出てからしばらくすると、のどが渇いてきた。
その後水を飲んでも飲んでもやっぱりのどが渇く。
このスープ、相当塩分が高いに違いない。
高血圧の人は注意が必要だ。

ちなみに次の日ものどが渇いて仕方なかった。
どう考えても塩分が多すぎだ。
ここのスープに限って言えば、残す勇気が必要だ。


カリー・ディ・サヴォイ(Curry Di. SAVOY)
住所:北海道札幌市中央区南一条西5-7 敷島南1条ビルB1F
電話:011-219-7810
営業時間:11:30~22:30(L.O.22:00)
定休日:無休
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/335-205da3d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。