約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週も地方での仕事だ。
しかも月曜の朝から仕事なので、日曜日中に現地入りしなければならない。
相変わらず人使いの荒い職場である。
しかしこんなときこそ、普段なかなか食べられないカレーを食べるチャンスである。
そこで今日は京都で途中下車して、カレーを食べることにした。
カレー部長になってから、実はまだ一度も京都でカレーを食べていないのだ。

どこの店にするか悩んだが、やはり「カレーライス」の美味しい店に行ってみたい。
そこで選んだ店は「ビィヤント」。
京大病院の向い、聖護院八ツ橋の本店の近くにある、小ぢんまりした店だ。
biyant0101.jpg
店内はカウンター席が10席ほどあるのみ。
なんと満席ではないか!
やはり人気店なのだろうか。
部長は入口に一番近い、狭いカウンター席に座ることになったが、間もなく他の席が空いたので、移ることができた。
biyant0102.jpg

メニューは「カツカレー」、「ビーフカレー」、「チキンカレー」、「ベジタブルカレー」、「シーフードカレー」の5種類。
「カツカレー」は「ビーフ」、「チキン」、「ベジタブル」、「シーフード」の中からカレーが選べる。
また、「ビーフ」だけ甘口、中辛、辛口の3種類の辛さがある(その他のカレーは「甘口」のみ)。
欲張りな部長は「カツカレー」(950円)の(ビーフ)中辛を注文することにした。
見ていると、大半のお客さんが「カツカレー」を注文している。
やはりここの看板メニューは「カツカレー」なのだろう。

若い兄ちゃんがほとんどの作業をこなしていて、最後におばあちゃんがカツを切って出来上がり。
biyant0103.jpg
果たして味はどうだろうか。
カレーを食べてみる。

美味しい!

黒胡椒の効いた、さわやかな辛さのカレーだ。
輪切りの唐辛子が少し入っていたが、それほど辛いわけではない。
酸味が全くないし、もったり感もなく、部長好みの味だ。
ちょっとライスが固いような気もしたが、食べているうちに気にならなくなってきた。

カツはどうだろうか。

美味しい!

サクっとしていて、油っこくなく、とても美味しい。
カツが厚すぎるとカレーとの一体感がなくなってしまうのだが、ここのカツは薄くてカレーとの相性もばっちりだ。
「かわむら」亡き後、なかなか美味しいカツカレーに出会えなかったが、久しぶりに美味しいカツカレーにありつけた。
わざわざ京都に寄った甲斐があったというものだ。
また京都に来ることがあったら、食べに来たいと思う。


ビィヤント
住所:京都府京都市左京区聖護院西町12
電話:075-751-7415
営業時間:11:00~22:30(L.O.22:15)
定休日:金曜日
コメント
この記事へのコメント
私も・・・・・
部長
お疲れ様です。

私も火曜から水曜にかけ、京都に行きました。無論、悪の枢軸シリーズですが。
しかし京都は京都でも西舞鶴というところで、カレーよりも肉じゃがでした。何でも肉じゃが発祥の地だとかそうじゃないとか(笑)
肉じゃがカレーは残念ながらありませんでした・・・
(夜8時に着いたんですけど、明かりがついているのは吉野家とファミマとミスドだけでした…)
2011/01/28(金) 15:41 | URL | コバチュー #-[ 編集]
肉じゃがもいいけど、カレーもね。
西舞鶴ですか。部長も行ったことがありません。そこで美味しいカレー屋でも見つけてくれればヒーローだったのに・・・残念でした。
次回の虚空200チャレンジに期待することにしましょう。もちろんバナラッシーは食後で!
2011/01/29(土) 23:22 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/314-e646e91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。