約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

カレー部長は岩手県の大船渡に来ていた。
沿岸部なので雪はあまりないが、やはり寒い。
こっちの最高気温と東京の最低気温が同じぐらいのような気がする。
部長がここに来た目的はカレーではなく、仕事だ。
しかしせっかく来たからには一度ぐらいカレーを食べたいと思うのが人情である。
調べてみると、なんと宿の近くに「cafe de curry Kojika(コジカ)」というカレー屋があるではないか。
これは奇跡に近い。
宿は夕食付きだったので、二度目の夕食になってしまうが、行ってみるしかないだろう。
kojika0101.jpg
店内に入ってみると、客は部長一人。
だいたい寒すぎて誰も外を歩いている人がいないので、予想どおりだ。
好きな席に座っていいとのことだったので、窓際のテーブル席に着くことにした。
kojika0102.jpg

さて、何にしようか。
三陸といえば、やはり魚であろう。
そこで「シーフードカレー」(950円)を食べてみることにした。
辛さは中・辛・激の中から選べるが、初めてなので辛口にしておいた。

注文してしばらくすると、サラダ、福神漬けとともにカレーがやってきた。
kojika0103.jpg
果たして味はどうだろうか。

食べてみると、タマネギの甘みが効いていて、かなりまろやかだ。
辛口にしたので、多少ピリッとはするが、それでも甘みのほうが勝っている。
これなら激辛にしてもよかったかもしれない。
ちょっとあっさりし過ぎている感がある。

しかし残念だったのは具の量だ。
「シーフードカレー」なのにイカの輪切りが2切れと、エビが1個、アサリが少々。
なんともさびしい限りである。
カレーの味があっさりしているところからしても、トッピングをすることが前提になっているのだろう。
カレーを激辛にして、トッピングを追加すればバランスが良くなりそうだ。

しかしこれで950円というのは、ちょっと高くないだろうか?
トッピングを追加すると1,000円を超えてしまう。
もしまた大船渡に行くことがあったら、また訪れたいが、内容の割に値段が高いのが気になるところである。


cafe de curry Kojika
住所:岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前103-3
電話:0192-27-1500
営業時間:11:00~22:00
定休日:なし

東日本大震災により閉店。盛町の本店は営業しているようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/310-e040f07a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック