約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も朝から打ち合わせで疲れてしまったカレー部長である。
個人的にはどっちでもいいと思っていても、それでは済まないと思っている人もいるものだ。
こんな日の昼食はやはりカレーである。
今日もコキ使われているN本くんと、おなじみ「チャオカリー」に行くことにした。
ところが、店の前に着いてみると、なんと行列ができているではないか。
ciao-muromachi0601
だが、回転の速いのがカレー屋のいいところだ。
しばらく待つと、店内に入ることができた。
ただし、今日もカウンター席だ。
ciao-muromachi0602

さて、前回「ポーク野菜curry」を辛さ49で注文した部長である。
ここのカレーはだいたい食べ尽くしたと思っていたが、「グリーン」シリーズにまだ手を付けてないことが判明した。
そこで今日は「グリーンエビcurry」(1,050円)を注文してみることにした。
辛さは前回より3ランクダウンの46だ。

今日はお客さんが多かったので、カレーが運ばれてくるまでに時間がかかった。
ふと厨房を見ると、店の人が「GABAN」の缶からスパイスをこれでもかというぐらい、何十回も鍋に投入している。
これは部長のカレーに違いない!

予想どおり、ほどなくしてカレーはやって来た。
ciao-muromachi0603
ブロッコリー、オクラ、そしてにんにくの芽が入っているのが「グリーン」シリーズの特徴である。
果たして辛さはどうだろうか。
食べてみることにしよう。

うむ、今日は結構辛いぞ。
ブロッコリーが大きいため、口の中での滞在時間が長いのも辛く感じる要因になっているかもしれない。
今日は食べている途中で舌がヒリヒリし出した。
しかもポットの中には部長に苦手なトマトが何切れも入っていた。
酸味と辛さのダブルパンチである。
食べ終わる頃には汗もかなり噴き出してきた。

と言いつつも、今日も水なしで全部食べ切った。
だが、今日は46にしては辛かった。
前回の49よりも辛く感じたぐらいだ。
これなら49を注文しないで、46を注文したほうが30円安いのでお得だ。
いつもこの辛さになるのかどうか、次回も46を注文して確かめてみたい。


炒伽哩(チャオカリー) 日本橋室町店
住所:東京都中央区日本橋室町4-2-17
電話:03-5203-1777
営業時間:11:00~15:00、18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:土曜夜、日曜、祝日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/27-3f5cf2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。