約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレー部長は鳥取に来ている。
昨日は例によって「懇親会」があったが、今日の夜はフリーだ。
となれば、やはりカレーを食べに行くしかないだろう。
しかしおととい行った「asipai」は火曜日が定休日だ。
そこで向かった先は「スパイス王国」。
中国・四国地方に展開しているチェーン店で、本部は愛媛にあるようだが、今まで一度も行ったことがない。
行ってみることにしよう。
spiceokoku0101.jpg
店内に入ると、先客が一組。
だが、部長が入ってすぐに出て行ってしまったので、客は部長一人となった。
spiceokoku0102.jpg

店員さんは外国人二人。
インド人なのかどうかはわからない。

さて、何にしようか。
メニューを見ると、カレーのほか、各種インド料理が揃っている。
どれにしようか迷ってしまうが、迷ったときはやはり定番のカレーを注文するのが一番だ。
ただ、チキンでは面白くないので、「マトンマサラ」を注文することにした。
サラダ・ナンとライスがセットになったBセットで1,050円だ。
辛さが0~4の中から選べるが、初めての店では一番辛いカレーにはしないという自主ルールを設定している部長は3番にとどめておいた。
だが、欲張りな部長は「タンドーリチキン」(500円)も注文した。

「キングフィッシャー」(550円)を飲みながら待っていると、「タンドリーチキン」がやってきた。
spiceokoku0103.jpg

なんと、小さなフライパンに乗っての登場である。
できたてのためか、ジュージューと音がしている。
本当にこれはタンドール窯で焼いたものなのだろうか?
ちょっぴり怪しいが、まあ細かいことは気にしないでいただくことにしよう。

食べてみると、熱々なだけあって美味しく感じる。
だが、スパイス感は弱めだし、タンドリーチキン独特の赤い色もしていない。
まあ、別の食べ物だと思えばよい。
これはこれでよしとしよう。

そしてカレーもやってきた。
spiceokoku0104.jpg

カレーはステンレスの器に入っていて、見るからにタマネギたっぷりといった感じだ。
果たして味はどうだろうか。

辛い。
それもマイルドなカレーにチリペッパーを入れて無理やり辛くしたような辛さだ。
しかも運の悪いことに、部長の苦手なトマト系の酸味も感じる。
その一方で、スパイス感は弱め。
結局のところ、タマネギの甘味とトマトの酸味、生クリームのマイルドさとチリペッパーの辛さがごちゃまぜになった、なんとも表現のしようがないカレーになってしまっている。

うーん、カレーの選択を誤ったか?

ちなみに、ナンはもっちりしていて悪くないが、ライスは普通の日本米だ。
「スパイス王国」に入国したはずなのに、ここはまぎれもなく日本国だということを思い知らされた。

こんなことならむしろ、一か八かでソーセージの入ったカレーを注文したほうがよかったかもしれない。

しかし後でスパイス王国のホームページを見ると、凝ったカレーメニューが並んでいることに気がついた。
こんなカレーはメニューになかったぞ??
もしかしたら店舗によってメニューが違うのだろうか。

スパイス王国は謎の王国である。


スパイス王国 鳥取富安店
住所:鳥取県鳥取市富安2-76-1
電話:0857-21-1871
営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00
定休日:無休
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/243-492c96f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。