約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

松山(愛媛)での仕事の後、富山、神戸と回ったが、どちらも弁当と懇親会が用意されていたおかげで、カレーを食べるチャンスが全くなかった部長である。
そろそろカレーを食べないといけない頃だ。
今日は明日からの仕事に備え、鳥取に来ている。
しかし鳥取はカレーで町おこしをしているという割には、あまりカレー屋を見かけない。

だが、行く店は事前にちゃんと調べておいた。
鳥取駅の南側にある「asipai(アジパイ)」という店だ。
asipai0101.jpg
日曜の夜だし、きっとガラガラだろうと思って店に入ったところ、なんとヤングのカップルが2組入っているではないか。
だが、心配は無用だ。
この店はちゃんとカウンター席も用意されているので、おじさんが一人で訪れても何の問題もない。
asipai0102.jpg

さて、何を注文しようか。
カレーはチキン、エビ、ココナッツのカレーがあるようだ。
きっと一番最初に出てくるチキンが看板メニューなのだと思い、「チキンカリープレート」(820円)を注文した。
そして欲張りな部長は「エビのフリッター」(500円)も注文した。

一緒に頼んだ「タイガー」(ビール)を飲んでいると、「エビのフリッター」がやってきた。
asipai0103.jpg

食べてみると、衣はふわっとしており、中のエビはプリっとしていて、なかなかいい食感。
ソースも甘酸っぱくて美味しい。

そしてしばらくすると、「チキンカリープレート」もやってきた。
「プレート」という名前のとおり、ライスとチャパティ、サラダがワンプレートになっている。
asipai0104.jpg

そしてカレーだけが別の器に入っていた。
asipai0105.jpg

果たしてどんな味なのだろうか。

甘くて濃厚な味だ。
ココナッツミルクを使っているのだろうか。かなり甘い。
そしてその後にピリっとした辛さがやってくる。
なかなか美味しいではないか。
思ったより具が少なめだったが、夜ならサイドメニューがいくつかあるので、逆にカレーはシンプルなほうがいいのかもしれない。

鳥取は意外にカレー屋が少なく苦労していたが、これはいい店を見つけた。
また来ることがあったら、今度はエビのカレーと鶏の唐揚げを食べてみたい。


asipai(アジパイ)
住所:鳥取県鳥取市富安2-25
電話:0857-21-5881
営業時間:平日11:30~15:00、17:30~21:00(L.O.20:30)
     土日祝日11:30~21:00(L.O.20:30)
定休日:火曜日、第4月曜日

移転しました。
コメント
この記事へのコメント
鳥取は
らっきょうが特産のせいか、他の理由からか、
全国でも世帯当たりのカレールー購入額がトップクラス
(05-07年1位、07-09年2位)らしいです(読売新聞)。
なのでお家でカレーを食べているんでしょうね。
2010/09/13(月) 06:46 | URL | さきちゃん #kY.A8d5U[ 編集]
家でカレー
家でカレーもいいですけど、部長のようなよそ者は店でカレーを食べたいところです。
2010/09/13(月) 22:15 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/242-ede262f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック