約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、チャオカリーで辛さの選択を誤ってしまった部長である。
今日はカレーは食べなくていいかなと思っていたが、部長の向かいの席に座っているS林氏が「たまには激辛が食べたい。」と言い出すではないか。
こんな珍しいこともあるものだ。
そこで今日の昼はN本くんも誘ってチャオカリーに行くことになった。
ciao-muromachi4701.jpg
店に着くと、相変わらずの混雑ぶり。
だが、回転の速いのがカレー屋のいいところだ。
しばらく待つと、なんとかテーブル席にもぐり込むことができた。
ciao-muromachi4702.jpg

さて、昨日は辛さを5番にしたところ、異常に酸っぱいカレーが出てきてしまった。
そこで今日は迷わず、「ベーコン野菜ほうれん草curry」の辛さ50を注文した。
久しぶりだというN本くんは「ベーコン野菜ほうれん草curry」の辛さ40を注文した。
しかし、「激辛カレーが食べたい。」と言っていたはずのS林氏は、なぜか辛さ20を注文しているではないか。
20は激辛ではないぞ。まったく弱虫なんだから。

しばらくすると、注文したカレーが運ばれてきた。
ciao-muromachi4703.jpg
見た目はやはり赤いが、果たして辛さはどうなのだろうか。

辛いけど、美味しい!
酸味もないし、味が崩れていることもない。
やはりここのカレーはこれぐらい辛くなくちゃ。

残り5分の1ぐらいになったところで、少し舌がヒリヒリしてきたが、今日は余力を残して完食。
ciao-muromachi4704.jpg
やはり食べ慣れた辛さが一番だ。

昔はこの50が一番辛かったのだが、今は100までとなっている。
さしずめ「中間地点」といったところだが、やはり40~60ぐらいの辛さが一番美味しく食べられるような気がする。


炒伽哩(チャオカリー) 日本橋室町店
住所:東京都中央区日本橋室町4-2-17
電話:03-5203-1777
営業時間:11:00~16:00、17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:土曜夜、日曜、祝日
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/08(水) 11:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/238-528fcb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。