約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日で部長の短い夏休みも終わり、今日からまたカレー不毛地帯で拘束される日々だ。
しかし木曜日までに作らなければいけな資料が大量にある上、子どもメール相談室のメールもたまっている。
しかも朝っぱらからMM次長に文章の差し戻しを食らった。
相変わらずこの部署はハズレ以外の何物でもない。
今日はお昼に海鮮丼でも食べようと思っていたが、カレーに変更だ。

しかし近所にめぼしいカレー屋がないのも相変わらずだ。
夏休みが明けてカレー不毛地帯がカレー王国に化けているはずもなく、今日もカレーを求めてさまよい歩く。
たどり着いたのは久しぶりの訪問となる淡路町の「ジンコック」。
jincock0801.jpg
店内に入ると、今日もお客さんでにぎわっていた。
部長は何とかカウンター席の一番端に席を確保した。

さて、今日は何にしようか。
特にこれといったこだわりもないので、本日のランチから選ぼう。
jincock0802.jpg
Cの「やわらかチキンかつカリー」にも惹かれたが、揚げ物は極力避けたいところである。
そこでBの「インド風玉子入り豚肉のスパイス焼カリー」という謎のカレーを注文することにした。
辛さは「極辛」を選択。
しかしAは「カレー」なのにどうしてBとCは「カリー」なのだろうか?
謎の多い店である。

しばらくすると、注文したカレーが運ばれてきた。
jincock0803.jpg
3月に食べた時と同じく、陶器の器に入っての登場だ。
「スパイス焼カリー」だからといって焼かれているわけではない。
普通にカレーをライスにかけて食べることにする。
jincock0804.jpg

相変わらず濃厚な味だ。
辛さと酸味がなかなか心地よい。
具の豚肉がたっぷり入っているのもうれしい。
このカレーにはチキンのほうが合うと思うのだが、そんな細かいことも吹き飛ばしてしまうぐらいボリューム満点だ。
これで750円なら満足だ。

次回はランチメニュー以外から選んでみようと思う。


カリー屋 ジンコック
住所:東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル1F
電話:03-3251-1795
営業時間:11:30~21:00
定休日:日曜、祝日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/234-7ea8b143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。