約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は同じ部の人がほとんど出張に行ってしまっている。
不毛地帯に残っているのはカレー部長と嘱託(再雇用)のAの2人だけという状況だ。
しかしこのAというオッサンが大問題だ。
何しろ、かかってきた電話を全く取らない人なのだ。

今日の部長は確実に電話番だ。
最悪の一日になることは間違いない。
しかし、さすがによそ者の部長が電話を取っているのを見て悪いと思ったのか、珍しくAが電話に出るではないか。
おおっ!心を入れ替えたか?
と思ったのもつかの間、結局、自分がわからないと全部部長に電話を回してくる。

それは部長の担当じゃねえ!回してくるな!

おかげでいつも以上に余計な仕事が増えてしまった。
こんな奴を定年後再雇用すると決めたのは誰だ?

こんな日の昼食はもちろんカレーに限る。
そこで今日は久しぶりにオオドリーに行ってみることにした。

それにしても今日は暑い。
ちょっと外を歩いただけで頭がぼーっとしてくる。
これはいつ熱中症になってもおかしくない。
さすがにこんな日にスープカレーなど食べる人はいないだろう。
audrey0301.jpg
そう思って店内に入ると・・・



混んでいた。
しかし一人だったので、入口近くの6人掛けテーブル席の一角に何とか座ることができた。
audrey0302.jpg
同じテーブルには女3人が座っていた。
いかにも長居しそうな人たちだ。
部長より先に食べ終わって出ていくという可能性は極めて低い。

さて、今日は限定20食のビーフカレーにしようと考えていた。
あるかなと思ってメニューを見ると、
audrey0303.jpg
「ビーフカレー」ではなく「牛タンカレー」なるものがあるではないか。
しかも「限定20食」の上に「本日限り」とある。
なんかウソっぽいが、今日はこれを食べてみることにしよう。
「辛さはいくつまでできますか?」と素人ぶって店員さんに聞くと、「30倍までできます。」との返事。
しつこく「30が一番辛いんですか?」と聞くと、「30が最高となっております。」と言われた。
うーむ、しょうがない。
今日も30倍にしよう。
これにフランクフルトのトッピングをすることにした。

しばらくすると、注文したカレーが運ばれてきた。
audrey0304.jpg
スープカレーなのに相変わらずどろっとしたカレーだ。
果たして辛さはどうだろうか。
食べてみる。

甘い!

辛くないという意味ではない。
本当に甘いのだ。
多少ピリっとはするが、30倍というのは嘘ではないかと思えるぐらい辛くなかった。
30倍でこの程度なら、3倍などはおそらく「カレーの王子様」レベルであろう。

しかし辛さが足りなくても、具が美味しければよい。
「本日限り」の牛タン、これは大きくて食べごたえがありそうだ。
audrey0305.jpg
果たして味はどうだろうか。

パサパサだ!

まるでコンビーフを思わせるような食感だ。
やわらかくするためには仕方ないのかもしれないが、脂が抜け落ちてパサついてしまっている。
やはり牛タンは焼くに限る。
仙台のスープカレー店でもそうだったが、スープカレーの具としては適してないのかもしれない。

今日のカレーには不満が残った。
やはり「ビーフカレー」を頼んだほうがよかったようだ。
次回は「牛タン」はやめておこう。
そして辛さは35倍を強引に頼んでみたいと思う。


ちなみにAは午後になると全く電話を取らなくなり、ひたすら新聞の切り抜きをしていた。



鴻(オオドリー) 神田駿河台店
住所:東京都千代田区神田小川町3-10-18
電話:03-5280-8228
営業時間:平日 11:00~15:30(L.O.15:00)、17:00~22:30(L.O.22:00)
       日曜・祝日 11:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:土曜日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/215-68161e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。