約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

今日は久しぶりにN本くんとカレーを食べに行くことにした。
N本くんは今部長がいるハズレの部署から2月に脱出し、今やウハウハである。
部長が毎日イライラしているのとは大違いだ。
世の中、公平にはできていない。

そんなN本くんと行った店はもちろん「チャオカリー日本橋室町店」である。
ciao-muromachi4001.jpg
昼時なので行列ができていたが、思いのほか早く店内に入れた。
回転が速いのがカレー屋のいいところである。
ciao-muromachi4002.jpg

さて、今日は一つ調査をしてみることにした。
それは「中盛りにするとライスだけでなくカレーの量も増えるのか?」というものである。
最近コバチューさんが「中盛りにするとカレーの量が増えるから」という理由でまったく中盛りを食べてくれなくなった。
しかし本当にそうなのだろうか?
メニューには「ライス中盛り」としか書いていない。
カレーも中盛りになるのであれば、とてもプラス100円では収まらないだろう。

そこで今日は「ベーコン野菜ほうれん草curry」(920円)の中盛り(+100円)を辛さ50(+480円)で注文してみることにした。
N本くんは「ベーコンエッグ野菜curry」の普通盛り、辛さ50である。
比べてみれば本当にカレーが多いのかどうかわかるだろう。

しばらくして、部長が注文した“中盛り”がやってきた。
ciao-muromachi4003.jpg

そしてN本くんが注文した“普通盛り”もやってきた。
ciao-muromachi4004.jpg

うーむ、比べてみると若干“中盛り”のカレーが多いような気もするが、誤差の範囲内のような気もする。
これは食べて判断するしかないだろう。

食べてみると、意外な事実が判明した。
ライスが多いため、皿の中央部分が盛り上がっていて、カレーが多くかかっているように見えるのだ。
つまり最初にライスにかかっているカレーはほとんど変わらないということだ。
ポットの大きさは決まっているので、中盛りにしたからといって増えるわけがない。
普通盛りでも中盛りでもカレーの量に差はないというのが真相ではないだろうか。

その証拠に、今日はライスが余ってしまい、最後は漬物だけで食べる羽目になってしまった。
ライスで辛さが中和されるため、むしろ普通盛りより食べやすいといえるだろう。

ちなみに今日の50は大して辛くなかった。
店の人は否定していたが、上限が100になったせいで、50のレベルが下がった気がする。
N本くんも同意見であった。
ciao-muromachi4005.jpg

辛さは日によって違うので、何ともいえないが、中盛りでカレーの量が増えるというのはどうやら都市伝説のようだ。
コバチューさんは最近中盛りを敬遠しているが、実は普通盛りよりも楽に食べられるのではないだろうか。
来週はコバチューさんの勝ち誇った顔が見られるかもしれない。


炒伽哩(チャオカリー) 日本橋室町店
住所:東京都中央区日本橋室町4-2-17
電話:03-5203-1777
営業時間:11:00~16:00、17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:土曜夜、日曜、祝日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/211-e331436c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック