約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレー部長は大阪に来ていた。
新しい職場に来て以来、「手引きの作成」「子ども電話相談室」「研修講師」と次々に仕事が降って来て、もはやパンク寸前である。
週末ぐらい美味しいカレーを食べないと、とてもじゃないが、やっていられない状態だ。
ふらっとカレーを食べに遠征するのも、今の部長の状況を考えると至極当然のことである。
今年の3月に開業したばかりの阪神なんば線に乗り、九条駅で降りる。
そこから6、7分歩くと、目的の店に到着した。
izumicurry0101

果たしてどんな店だろうか。
店内に入ってみる。
すると驚いたことに、ほぼ満席であった。
10人ちょっとしか入れない店とはいえ、午後2時過ぎにこれだけのお客さんが入っているとは予想外だった。
しかもわざわざこの店によそから訪れる人がいるとも思えず、来ている客のおそらく9割は大阪人だろう。
完全にアウェー状態だ。

部長は運よく1つだけ空いていたカウンター席に座り、店に入る前から決めていた「和牛すじカリー」(880円)を注文した。
そして「辛くしてください。」と付け加えた。

しばらくするとカレーが運ばれてきた。
izumicurry0102
皿の真ん中にライスが盛られ、その上にネギと牛すじと卵黄が乗っていた。
カレーはライスのまわりにかけられていた。

果たしてどんな味だろうか。

カレーは少し酸味のあるタイプだった。
辛さをアップしたのだが、それほど辛いとは感じられなかったので、標準だとおそらく甘口だろう。
一方の牛すじはどうか。
食べてみることにする。

美味しい!

牛すじの白い部分がトロトロにとろけていて、絶品である。
部長の頬っぺたもとろけそうだった。

具の牛すじの美味しさに比べると、カレーはちょっと控えめすぎるような気もした。
だが、この店、どうやらトッピングが売りのようだ。
メニューが非常に豊富で、中には「メガバーグカリー」なんてものもある。
具材の味を楽しむなら、カレーはあまり個性が強すぎないほうがいいのかもしれない。

この店、大阪市内にあと2店舗あるらしい。
今度はそちらにも行ってみたいと思う。


いずみカリー
住所:大阪府大阪市西区千代崎2-8-9
電話:090-6672-7527
営業時間:9:00~23:00
定休日:第二火曜日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/2-38412a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。