約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の昼は久しぶりに室町の「チャオカリー」に行くことにした。
なぜなら、いっぱいになったスタンプカードの有効期限が今月末までだからである。
やはりストレスのたまっているときはカレーに限る。

店に到着すると、運のいいことに今日は誰も並んでいなかった。
ciao-muromachi3701.jpg
おかげで待ち時間ゼロで席に着くことができた。
ciao-muromachi3702.jpg

実は部長、チャオカリーに来るのは久しぶりだ。
前回訪れたのは5月18日だから、1か月以上も間が空いてしまっている。
久しぶりなので、もしかしたら辛いのが食べられなくなっているかもしれない。
前回は辛さ90を食べたので、次は100ということになるのだろうが、とても100を食べる自信はない。
それに、100を食べるときはコバチューさんも呼ばないと申し訳ない。
そこで今日は夏限定の「サマーベーコンエッグcurry」(1,180円)を前回と同じ、辛さ90で注文した。

しばらくすると、注文したカレーが運ばれてきた。
ciao-muromachi3703.jpg

赤い!

これは見るからに辛そうだ。
しかもポットの中のカレーもたっぷり入っていて、今にもあふれそうだ。
ciao-muromachi3704.jpg
これは相当注意が必要だ。

それでも最初にライスの上にかかっているカレーを食べるところまでは何の問題もなかった。
問題はこれからだ。
ポットの中のカレーを全部ライスの上に乗せた。
ciao-muromachi3705.jpg

この直後から、急に舌と喉がひりひりし始めた。
まだ半分も食べていないのに、これはかなり厳しい。
その原因は具にあった。
「サマーcurry」には結構な量のナスが入っているのだが、このナスが固くて食べるのに時間がかかる。
必然的にスパイスの口の中での滞留時間も長くなってしまうのだ。
そしてトマトである。
言うまでもなく、部長はトマトの酸味が苦手だ。
ただ辛いだけでは済まされないのだ。

ところが、残り5分の1ぐらいになると、急に辛さをあまり感じなくなった。
ライスもたっぷり残っているし、これは余裕で完食できそうだ。
最後は余力を残してゴールインした。
ciao-muromachi3706.jpg

途中、ちょっと苦戦したものの、終わってみれば思ったほどは辛くなかった。
むしろ前回のほうが、終わりに近づくにつれてヒリヒリ感が増幅してきた分、厳しかったように思う。
しかし今日は異常に汗をかいた。
暑くなってきたせいなのだろうが、もしかしたらスパイスの配合がちょっと変わったのかもしれない。

いよいよ次回は100を食べる番だ。
コバチューさんにもぜひ一緒に食べてもらいたいところである。


炒伽哩(チャオカリー) 日本橋室町店
住所:東京都中央区日本橋室町4-2-17
電話:03-5203-1777
営業時間:11:00~16:00、17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:土曜夜、日曜、祝日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/199-4b908b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。