約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は珍しく日本橋方面に行くことになった。
最初は日本橋駅近辺でカレーを食べることを考えていたのだが、ふと思い立って京橋駅で降りることにした。
久しぶりに「京橋屋カレー」に行ってみたくなったからだ。

首都高速道路沿いの道を歩いて行くと、目的の店に到着だ。
kyobashiya0101.jpg

前回来たのは2006年の7月だから、なんと3年10か月ぶりの訪問である。
階段を上り、2階にある店に入る。
すると店員の女性が迎えてくれた。
前回訪れた時にはいなかったはず。
なんとなく、店内も垢ぬけたような気がしないでもないが、なにしろ4年近く前のことなので、あまりよく覚えていない。
kyobashiya0103.jpg

さて、何にしようか。
メニューを見ると、やはり少し以前と変わっているようだ。
kyobashiya0102.jpg
「ときえカレー」なるカレーが大きく載っている。
もしかしてさっきの女性の名前か?
と一瞬思ったが、どうやら「鶏」「キャベツ」「海老」の頭文字のようだ。
しかもよく見ると「辛マイルド」と書いてある。
これでは辛いのか、マイルドなのか、どちらなのかよくわからない。
しかし「辛さマイルド」だとしたら、部長の好みとは違うことになる。
久しぶりに来たので、今日は冒険しないでおきたい。
そこで定番の「ツインカレー」(1,400円)を「辛口伊達鶏カレー」と「キーマ」の組み合わせで注文することにした。
そして「青唐辛子」(50円)を追加することにした。

注文してからカレーが出てくるまでには少し時間がかかった。
これは期待してもよいだろう。

10分ぐらい待っただろうか。
ようやくカレーが運ばれてきた。
kyobashiya0104.jpg
向かって右側が「キーマ」、左側が「辛口伊達鶏カレー」である。
そしてライスの上に青唐辛子が乗っている。

果たして味はどうだろうか。
まずは「キーマ」から食べてみることにしよう。

美味しい!

いやあ、スパイスの香りが効いていて、辛さもちょうどよい。
「トマトジュースを煮詰めて」と書いてあったが、酸味もあまり感じられず、非常に食べやすい。

一方の「辛口伊達鶏カレー」はどうか。
こちらのほうが「キーマ」より辛い。
こちらのほうが塩気が強く、やや油も多い気がした。
「キーマ」との組み合わせだと、やや方向が重なってしまうので、「スパイスベジカレー」と組み合わせたほうがいいかもしれない。
それでも味自体は悪くないし、チキンもたっぷり入っていてボリューム感もあった。

前回来た時には「野菜カレー」、「京橋大根カレー」というメニューがあったが、なくなってしまったようだ。
しかし今日食べたカレーのほうが個人的には好きだ。
なかなかこのあたりに来ることはないのだが、そのうちまた食べに来たいと思う。

今度は気になる「ときえカレー」を注文してみたい。


京橋屋カレー
住所:東京都中央区京橋3-4-3 千成ビル2階
電話:03-5203-2810
営業時間:平日11:30~15:00
     土曜・祝日12:00~15:00
定休日:不定休
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/177-1c41ec12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。