約4年間にわたるカレー部長の戦いの記録です。

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレー部長は大分に来ていた。
目的はただ一つ、スープカレーの店「キマラン」に行くためである。
大分には今年の5月、出張で来ている。
その時に「キッチンいこい」という店で名物「とり天」の入ったカレーを食べた。
とても満足していた部長であったが、その日の日記に「キマランというスープカレー店がオープンしました」「キマランに行ってきました」とコメントをいただいてしまったのだ。
それ以来、「キマラン」のことが気になって仕方がなかった。

そして今日、ようやく訪問するチャンスが到来した。
kimaran0101
店内には厨房を取り囲むようにL字型のカウンター席があり、その外側にはテーブル席が配置されている。
部長は入口近くのカウンター席に座った。
kimaran0102

訪れたのはランチタイムだったので、サラダとドリンクが付くお得なランチメニューがあった。
そこで「チキンと野菜のスープカレー」(980円)を注文することにした。
ベースとなるスープは「スタンダード」と「トマト」の2種類。
「トマト」のほうはメニューに「秘伝のトマトスープをさらにくわえた酸味を強調した仕上がりのスープです。」と書いてある。
部長が酸味の強いカレーを苦手としていることは、前の日記でも何度も口を酸っぱくして言っているところである。
そんな部長がトマト味のスープを飲んでしまったら卒倒することは間違いない。
そのため、スープは自動的に「スタンダード」になった。
辛さは1番から10番まであったが、思い切って10番(+50円)を選択した。
そして欲張りな部長はトッピングに「ミートボール」(200円)を追加することにした。

間もなくサラダが運ばれてきて、それを食べ終わってしばらくするとスープカレーとライスがやってきた。
kimaran0103

さあ、どんな味だろうか。
スープを飲んでみる。

うーむ、ちょっと酸味が強い。
選んだスープは「スタンダード」なのだが・・・
これで「トマト」を選んだら一体どんなことになっていたのだろうか。
怖いもの見たさに一度ぐらい注文してもいいかもしれない。

辛さは10番にしたが、それほど辛くはなかった。
「10番以上は10番毎に\100増となります」とメニューに書いてあったので、この店で10番というのはまだまだ序の口なのだろう。
もうちょっと辛くしてもよかったかもしれない。

一方、具はとても美味しかった。
チキンレッグはやわらかく煮込まれており、とても食べやすい。
素揚げされた野菜もやわらかくてジューシーだ。
ミートボールをトッピングしたおかげで腹ペコさんも満足のボリュームだ。

九州では貴重なスープカレーの店なので頑張ってもらいたいところである。
今度来ることがあったら別の種類のスープカレーを、もう少し辛さをアップして食べてみたい。


キマラン
住所:大分県大分市府内町3-7-32-103
電話:097-536-2225
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00(L.O.21:30)
       土日祝日は21:00まで
定休日:月曜日?


閉店したようです。
コメント
この記事へのコメント
すごい!
大分くんだりまで行って、関サバ・関アジ・ふぐ・城下カレイでは
ないものをわざわざ食べに行くなんて~~~。
さすがカレー部長!
2009/11/12(木) 20:03 | URL | さきちゃん #kY.A8d5U[ 編集]
えっ?
大分名物ってカレーじゃなかったでしたっけ?
城下カレーですよね?
2009/11/14(土) 22:22 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho3.blog99.fc2.com/tb.php/16-c7bdb863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。